« 下田高校で講演会 | トップページ | 地域のお仕事~今年からは理事 »

2018年3月23日 (金)

日本の奇習~鈴を持ち歩くご婦人たち

 先日、マイクロバスに乗る機会があって、のんびり座っていたら、斜め前に座った年配の女性が、バッグをゴソゴソやり出した。

 その時に聴こえてきたのが、鈴の音である。どうもバッグのファスナーに鈴をつけているらしい。
 何を探してるのか、バッグから次々に鈴の鳴り物が出てきて、いちいち「チリリン!」と音を出す。
 携帯電話に財布、化粧ポーチにも付いている。
 僕は隣で座る妻にたずねた。
「海外で鈴を身に着けている人って、見かけないよね」
「そうねえ」
 妻がうなずく。
「日本のおばさんくらいのモノじゃないかな」
「失礼しちゃうわね」
 自分もおばさんの妻がムッとする。
「でも私は、鈴なんて、付けないわよ。うるさいもん。でもあなたのお母さんや、妹さん、キーホルダーにも鈴を付けていなかった?」
 たしかにそうだ。たまに帰省して、家の鍵を持たされることがあるのだが、これに鈴が付いていて、歩くたびに音がする。
 どうにかしてくれと言いたくなるが、しかしどうしてまた、日本人は鈴は付けるのだろうか?
「それは、神社とかお寺でお守りを買ったら、付いて来たりするじゃない。あの影響じゃないかな」
 普段はぼんやりしている妻が、めずらしく鋭いことを言った。
「なるほど。あのお守りの鈴は、きっと寺社で、祭壇に拝んだ時にガラガラ鈴を鳴らすところから来ているな」
 一説によれば、鈴を鳴らすことで、身を清め、神仏を目覚めさせるのだとか。
 それが小型化して土産になり、鈴は独立してキーホルダーになっていったのかもしれない。
 音が鳴れば失くすことがないという説もあるが、そもそも失くした物体が、自分で動いて音を立てるわけもなく、理屈として成り立っていない。
 しかし日本は、考えてみると、まるで「鈴の天国」というくらいに鈴を持つご婦人方が多くいる。
 これはもはや、日本の奇習と言っていいのではないのか。
 世界で鈴を付ける風習のある国や地域をご存知の方がいたら、ぜひご教授ください。
 それにしたって、鈴はうるさい。
 そう度々、神仏を目覚めさせてばかりしたら、神様たちが寝不足になっちゃうよ。
 

|

« 下田高校で講演会 | トップページ | 地域のお仕事~今年からは理事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 下田高校で講演会 | トップページ | 地域のお仕事~今年からは理事 »