« あなたはいくつ職をもっていますか? | トップページ | SNSと口語体と文語体 »

2018年2月16日 (金)

「腹ペコ騒動記」が「深夜特急」を越えたって!? 沢野ひとし画伯迷語録

 昨日数年ぶりに沢野ひとし画伯(椎名誠さんの著作のイラストで有名です)から電話があった。

 沢野さんとは、初めて会ってからもう十五年以上になるが、僕より長い付き合いなのが、いけみのほうである。
 いけみはその昔から、沢野さんのファンで、個展があるたびに通っていたらしい。
 ある年の個展でオーストラリア人家族と仲良しになり、彼らがドバイに移住したことから、娘さんが支配人をするショッピングモールで絵の個展を開かせてもらったこともある。
 話が逸れたが、数年前に、沢野さんが突然愛車のベンツを駆って、下田に遊びに来た。
 この時泊まったのが、いけみの絵を多数買ってくれているペンション、ガーデンヴィラ白浜である。
http://www.gardenvilla.jp/
 ここには洒落たバーコーナーがあるのだが、そこで僕たちは大いに飲んで、以来すっかり仲良くなった。
「大五クン、海の小説を書きなよ。せっかく海のそばにいるんだから」
 沢野画伯のひと言で書いたのが、『黄金のニート』(徳間文庫)という小説だった。
 沢野さんも、タダで下田から帰りはしない。数か月後、僕といけみのことをモデルに、『本の雑誌』に小説のようなエッセーのような話を掲載している。
 昨日の電話は、たぶん、いけみの個展が始まったので、そのことだろうと思っていたら、画伯は、開口一番こう言って下さった。
「大五クン、今度の本は面白かった。よかったよ。君は世界から見る目を持っている。それが存分に発揮されたいい本だった。ウン、よかったよ」
「ありがとうございます!」
僕は素直に喜んだ。
「ウン、沢木耕太郎の『深夜特急』よりこっちの方が面白い。あれは、ナルシストっぽくてさ、ちょっとウソっぽい。でも君のはね……」
 言われなくてもわかる。
 スッテンコロリ系である。ミスをやらかし、トラブルに巻き込まれがちである。そして笑ってすませる。
「いいなあ、いい本だったよ」
 それからは、今手がけている僕の作品のこと、日中関係、画伯の旅の計画、画伯の友人が南伊豆に越したので、近く行った折には合おうとなって、話は終わった。
「ああ、よかったよ。今日は大五クンに電話してよかった。内向きでよくわからん連中が、大声を上げているようじゃ、ダメだよ。君のような人が、もっと本を書いて、世界から見るようにしないとね。ウン、今日は電話してよかった」
 それにしても画伯は、相変わらず沢野流である。
『腹ペコ騒動記』が『深夜特急』を越えたなどという評価は、沢野さんにしかできないものだ。
 深夜特急のナルシズムは、多くの若者の心に刺さった。何かと不安な海外での一人旅は、ナルシズムに侵されやすいのである。それはネットでの旅行記などを見てもよくわかる。
 しかし僕はそんなことより、世界の在りかを知りたかった。
 それが僕の旅なのだ。
 そして世界を見て回るうち、世界から世界が見えるようになってきている。それがまた面白い。
 沢野画伯の嗅覚はタダならぬものがある。
 それにしたって、深夜特急越えとは……。
 また一つ、沢野画伯迷語録が生まれた(椎名さんの本には、沢野語録がいっぱいあります)。
 うれしくて、昨日は真夜中に飛び起きてしまった。

|

« あなたはいくつ職をもっていますか? | トップページ | SNSと口語体と文語体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あなたはいくつ職をもっていますか? | トップページ | SNSと口語体と文語体 »