« 黒船が来た町で、子供たちに伝えたいこと | トップページ | 旅行者の話は面白い! »

2018年1月26日 (金)

大阪トークショー3連発!

 大阪は日本一周の時、立ち寄って以来なので、もう八年ぶりである。

 今回は、新刊が発売されたこともあり、また関西旅行人会の新年会が20周年を迎えるというので、タイミングがよさそうと思って、旧知の池ちゃんやランちゃんに、トークショーをやれないか相談したのだ。
 すると新年会はまずOKで、さらに池ちゃんがどうせならもう2回やろうということで、福島区にあるアジアンレストラン「亜州食堂(チョウク)」と、すぐ近くの「ワンダラーズ大阪」でもとなったのだ。
 いずれも旅の仲間が協力してくれることになったのである。
 ありがたいなあ。
 新大阪駅からまずはホテルで荷物を仕分けし、販売分の本をリュックに担いで、地下鉄、近鉄と乗り継いで、新年会のある今里へ。
 今里の前の駅、鶴橋で、列車のドアが開くとプーンと甘い焼肉のたれの匂いが鼻に届いた。
 その瞬間、僕は思った。
 もうすぐそこは大陸なのだ、朝鮮半島なのである。
 一気に、アジアが近づいた気分になってくる。
 考えてみれば、東京は現在日本の首都ではあるが、江戸時代まで鎖国していた時の、幕府の本拠地で、東に位置し、奥まっている分、大阪よりはアジアや世界が見えにくい。
 そこへ行くと大阪港は西に向って、ぽっかりと口を開けている。沖縄や鹿児島とフェリーで結び、神戸からは今でも上海に船で通じる。
 大阪に来て、アジアを感じるのは、千年以上も昔から、大陸からの文明文化が、この地にもたらされてきたせいかもしれない。
 2日目の朝、池ちゃんに大阪の中心街福島区を案内してもらった。
 水路が行き交う町の様子は、まるでタイのバンコクさながらだ。その水路を使って、かつては物資が行き交っていた。商都ならではである。
 第二次大戦時の空襲を免れた石造りのビルが一部に残り、デザインを受け継いだ新しいビルが建ち並ぶ。
 しかし一歩、下町に足を踏み入れば、庶民の家々が建ち並ぶ。道もまっすぐではない。
 東京で言えば、まるで丸の内の隣が浅草のような按配だ。
 しかも飲食店は、個人経営が多いようである。チェーン店があまりのさばっていないところもうれしい。
 関西旅行人新年会は、ディープな感じの中国東北料理屋「紫金城」で開かれ、翌日の「亜州食堂」は家庭料理に近いカレーが抜群にうまかった。
http://chowk.pya.jp/
「ワンダラーズ大阪」は、まだ始めたばかりだが、これから旅の発信地として、活用されていくにちがいない。
http://wandererslife.jp/magazine-home/
Img_1038_640x427
 いずれの場所でも満員御礼という状態で、拙著もたくさん買っていただいた。
 みなさま、ありがとうございます!
 そして感じたのは、やはり世界はすばらしく、そのことを、これからも、もっと多くの人たちと共有したいということだ。
 できれば、子供たちにも、未来を照らすように語りかけたい。
 内向きと言われてばかりじゃしょうがないでしょ。
 日本はアジアの国の中では、どこよりも早く世界に目を向けたはずなのである。
 そして日本のバックパッカーは、アジアのトップランナーとして、世界に旅立った。
 その経験を、日本だけでなく、アジアに広く伝えていくこと。
 きっとそれが僕の使命なのである。
 などと、気持ちが昂ったりしたのは、トークショーに来てくれたみなさんが、とっても温かかったからです。
 いいな、大阪……としみじみ思う。
 また近いうちに行きたい。
 深い歴史の宝庫、関西には、これから本を書くために、調べたいことが山ほどもあるのです。いずれも日本と世界をテーマにしたもの。
 そうそう、トークショーでも話しましたが、僕が世界に興味を持つようになったのは、70年の大阪万博で迷子になって、世界中の迷子たちと一緒に、遊んだから。
 その時、これが世界か!と実感したのである。
 僕の世界旅は、実は大阪から始まっていた!
 そして今回、ふたたび、大阪から僕の次のステージが始まりそうな予感がしている。

|

« 黒船が来た町で、子供たちに伝えたいこと | トップページ | 旅行者の話は面白い! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黒船が来た町で、子供たちに伝えたいこと | トップページ | 旅行者の話は面白い! »