« 11月18日(土)15:00~愛知県岡崎市でトークショーが開催されます! | トップページ | こんなに凄い奴がいた!「イスタンブルで朝食を」サラーム海上著 »

2017年12月 1日 (金)

SNSの発達とトークショーが作家を変える?

今週の火曜日、横浜・磯子の「ナマステキッチン」でトークショーをさせていただいた。

古くからの読者であるMさんの計らいである。
彼女と出合ったのは、昨年の冬、マレーシアはマラッカのゲストハウス「ホテル・ホン」だった。
このホテル、ツインで1泊20ドル程度と割安で、しかも新しく、インド系のスタッフが丁寧に掃除してくれるので、いつもピカピカ。水やコーヒー紅茶は飲み放題で、屋上は洗濯物干し場になっている。時にはカレー味のパイのおやつまで出る。
Img_2044_480x640
インターネットは自由に使い放題、プリントアウトもできるし、バスターミナルへの送迎サービスも行っており、ここまでサービスの行き届いたゲストハウスはそうはないだろう。
僕は自慢じゃないが、ホテル勘はいいほうである。ホテル予約サイトで調べて、たいてい文句のないところをいつも見つける。
この「ホテル・ホン」は、そんな僕でも、当たりに属する方だった。
中国人の大家族が泊まった時は可笑しかった。みんな部屋を開けっぱなしに、まるで自宅にいるかのごとく、パジャマ姿でうろついているのだ。
靴を脱ぐホテルなので、タイルの冷たさが気持ちいいのであろう。
誰もがこんな風にとまではいけないが、とにかくくつろげる。
僕と妻はここに一か月逗留した。
その間に出合ったのがMさん御一行である。
めずらしく日本人が泊まりにきたので、しかも団体だったのでびっくりである。
「岡崎大五さんじゃないですか?」
Mさんに声を掛けられ、二度目のビックリ。
「添乗員騒動記以来のファンなんですよ!」
なんでも彼女は、僕に倣って、私設添乗員として、これまで100回以上もマレーシアに友人たちを引き連れやってきているというのだ。
しかもホテルも、こんなゲストハウスの時もあれば、高級ホテルの時もある。友人のマレーシア人の家に厄介になったり、逆にマレーシア人が、横浜の彼女に家に泊まりに来たり。
旅行の楽しみをすべて味わい尽くすかのような選択ぶりは、プロも顔負けというか、彼女しかできないことだろう。
ツアープランはすべて自分で考え、飛行機やホテルなどの手配もすべてお手製なのである。
Mさんは自称マレーシア親善大使とおしゃったが、事実、マレーシア親善大使なのだった。
そんなお話を少し聞いただけで、僕は凄い人がいるのものだと、彼女に脱帽である。
帰国後、MさんとはSNSで連絡を取った。下田にも遊びに来てくれ、いけみかなこの絵の個展にも来てくれた。
今回は、僕がトークショーで横浜に出向いたのだが、それもMさんが招いてくれたからである。
この秋、今回のトークショーはすでに5回目。集客も含めて、友人との関係を深くするにも、SNSの凄さを感じている。
SNSがなかったら、トークショーなんて、開けなかったし、どうやって、作家としての活動をアピールしていいか、その手段で悩んでいたのだ。
今回トークショー、SNSを通じて、僕の作家人生に、光明が差しこんできたような気がするが……。
ひとまず、Mさんに感謝の意を伝えなければならない。
お呼びくださり、ありがとうございました!

|

« 11月18日(土)15:00~愛知県岡崎市でトークショーが開催されます! | トップページ | こんなに凄い奴がいた!「イスタンブルで朝食を」サラーム海上著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 11月18日(土)15:00~愛知県岡崎市でトークショーが開催されます! | トップページ | こんなに凄い奴がいた!「イスタンブルで朝食を」サラーム海上著 »