« ミツバチに恋した男~ミツバチが世界を変える…かもしれない? | トップページ | 美智子皇后を案内した男、松岡宏大 »

2017年12月28日 (木)

今年も終わりだあ!

 いよいよ今年も終わりだ。

 僕にとっては、久しぶりに本が出て、巻き返しのターニングポイントのような年になった。
 結果が出るのは来年以降だろうが、まず創作の基本姿勢が変わった。
 これは「伊豆下田料理飲食店事件簿」(伊豆下田100景)を書いたことによる気持ちの変化が大きい。
 なにしろ、実在の店と店主、料理を出しつつ、ミステリー小説に仕立て上げると言うものだ。まず登場人物たちに気を配らなければならない。この辺は、旅エッセイの手法と似ているかもしれない。
 友人知人を書くわけだから、なるべく読んで楽しんでもらえるようにしようと心を配る。するとそれが読者に伝わり、読者の各店に対する眼差しも温かいものになる。
 それを半年連載し、町中で、読者の方々から声を掛けられ、また登場する店を再訪して実感できたのである。
 小説がこんな形で、人と人がつながることができるのは、作家冥利に尽きるような喜びだった。
 この小説の企画を提案してくれたSさんご夫婦に心より感謝申し上げたい。
 そして10月には、「腹ペコ騒動記~世界満腹食べ歩き」(講談社)が出版された。
 担当になってくれたのは、15年来に付き合いのOさんである。彼なくしてこの本はなかった。
 そしてデザインをして下さった、日下潤一さん、イラストの伊野孝行さんは、いずれも今の日本を代表するような方々で、2年間連載したので、こうした一流のクリエーターと一緒に仕事をさせてもらえた経験は、何にも代えがたいものだった。一流は、どこまで自分を追い込み仕事をするのか、それを目の当たりに見せてもらい、僕自身も鼓舞されて、ようやく完成にまでこぎつけられたのである。
 これはひとえに、「小説現代」という一流の文芸誌が舞台だったからこそ、なしえたことだったと思う。
 また出版後には、代官山蔦屋書店さんをはじめ、来年までの予定を合わせると、計13回のトークショーをする。
 これは旅の仲間たちに、また戻ってきましたよ、と挨拶代わりにするものあり、友人関係が復活したり、あらたに広がりそうなので、とてもうれしい。
 この15年なかった現象である。
 15年前、僕は、より良い小説を書くために、良い環境を求めてこの下田にやってきた。
 そしてようやく、レベルの高い小説を完成させることもできました。これは来年のお楽しみ。
 それもこれも、こうした一連のみなさんのおかげだと、心から思う。
 旧年中は、大変お世話になりました。
 来年もまた楽しく、読んで面白い、読んでよかったと思っていただけるような小説やエッセーを書き続けたいと思います。
 どうぞ、応援よろしくお願いします!
 ではみなさま、良いお年をお迎えください。

|

« ミツバチに恋した男~ミツバチが世界を変える…かもしれない? | トップページ | 美智子皇后を案内した男、松岡宏大 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミツバチに恋した男~ミツバチが世界を変える…かもしれない? | トップページ | 美智子皇后を案内した男、松岡宏大 »