« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月24日 (火)

トークショーの御礼など、うれしいご報告(代官山蔦屋書店さんで拙著のフェア開催中)

10月20,21日のトークショーでは、大勢の方にご来場いただきありがとうございました!

持つべきものは、友だなあとつくづく感じた次第です。
しかもこの友、僕の場合、旅がその中心にある。
旅で出会った友が友を呼び、世間が広がり、楽しみが増え、それがかけがえのない人生の宝になったのだ。
トークショーでは、再会できたことで、また心がじんわりと温かくなり、うれしかったなあ。
そういう意味でも、とてもありがたいトークショーなのでした。
さて、トークショーに出演する前に、一軒たずねた場所がある。
それが西新宿にあるOZONEだ。
東京ガスが運営するリビングセンターで、その中の7階「ビジネスラウンジ&ライブラリー」で、なんと下田で販売している拙著『伊豆下田料理飲食店組合事件簿』(以下事件簿)が展示されているのだ。
http://jikenbo.shimoda100.com/
10月19日から12月26日まで、OZONEでは、「ローカルマガジン展~地域と文化をつなぐメディアⅡ」と題して、日本全国から地域限定マガジンなどを取り寄せて、展示しており、その中に、拙著も選ばれたのである。
https://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/368
Img_3653_640x480
この事件簿、4月下旬から9月下旬まで、下田市内で冊子としても販売されていたのだが、なんと1000部を超す売れ行きで、驚いている(販売は全10巻:累計)。
11月1日には、11冊ある全冊子を箱に入れて、観光地らしく温泉まんじゅうのようにして売り出そうと、現在「事件簿温泉まんじゅう大作戦」が進行中である。
トークショーも面白かったけど、こっちも面白くなりそうだ。
OZONEのほうも、ローカルマガジン展開催中は入場無料なので(普段は会員限定)、行ってみてください。
そしてトークショーの合間には、11月7日に蔵前さんとのトークショーが開かれる代官山蔦屋書店さんにも偵察に行ってきた。
なんと、拙著を中心とした「島」ができているではないか。
こりゃすごい!
Img_3656_640x480
こんなことは、作家デビュー後、初めてである。

| | コメント (0)

2017年10月13日 (金)

10月20日(金)19:30~旅の本屋「のまど」トークショー、残席有!

10月20日(金)旅の本屋「のまど」で開催されるトークショーは、まだ残席があります。

ご希望の方には、二次会で楽しんでいただこうとも考えています。
旅行人ファンなら知っている作家の友人Mさんや、世界中で地図を書きまくってきたTさんも来ます。みんなで楽しみましょう!
●旅の本屋のまど(東京・西荻窪)
10月20日(金)19:30~
入場料:1000円
予約電話:03(5310)2627(のまどまで)
http://www.nomad-books.co.jp/

| | コメント (0)

2017年10月11日 (水)

代官山蔦屋書店でトークショー開催!(11月7日19:30~)

代官山蔦屋書店をご存知だろうか?

代官山というおしゃれな場所にあり、この書店では、様々なイベントが開かれ、本を通して新しいライフスタイルを提唱している。
発信型書店の先駆けで、オープンは2011年。
以来、本が売れない時代の中でも、顧客から高い評価を受けているという。
おしゃれな場所で、書店自体もとてもおしゃれなのですね。
そしてなんと、今回、この代官山蔦屋書店さんで、僕のトークショーが開催されることになった。
これには僕もビックリ!
友人たちは「スゲエ!」の連呼だ。
453x640
発端は偶然である。
「腹ペコ騒動記~世界満腹食べ歩き」(講談社)の担当編集者Oさんが、松江のイベント会場か何かで、代官山蔦屋書店でコンシェルジェをしている荒木左地男さんと、出会った。
「今度、岡崎大五の本を出すのですが、よろしくお願いします」
「岡崎大五さんですか。知っていますよ。よければうちで何かやってみましょうか。そうですね。まずはゲラを送っていただけませんか。一度作品を読んでみますので」
ゲラとは、製本される前の印刷原稿である。
帰京したOさんはさっそく荒木さんにゲラを送った。
数日後には、荒木さんから返事が。
「ではやりましょう!」
それから代官山蔦屋書店と講談社の打ち合わせがあり、10月15日から11月下旬まで「一皿から始まる旅もある」と題してフェアが開かれること、11月7日に、僕と蔵前仁一さんのトークショーが行われることになったのである。
http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2017/10/post-424.html
蔵前さんは、食にはあまり関心がない。以前、雑誌「旅行人」で食べ物をテーマにやりましょうよと持ちかけたことがあるのだが、蔵前さんはこう言った。
「俺が好きな食い物は、インドカレーとドリアンくらいなもんだからなあ」
こんな風なものだから、100号以上発行した「旅行人」で食をテーマに特集が組まれたのは、たぶん「アジア・カレー大全」の1回くらいなのである。
だからトークショーをやるにしても、どうかと僕は思い、蔵前さんも当然思ったのであるが、荒木さんは、どうしても二人がいいということで、なぜか僕が蔵前さんを口説いて、やることになった。
司会は荒木さんなので、どうなっちゃうのか、僕も楽しみなのですね。
今回、僕の本が出る前に、蔵前さんは「旅行人」の特別号を5年ぶりに発行している。イベントも行い、増刷もかかって、喜ばしい限りだ。
そんな折に、荒木さんやOさんのおかげで、僕の本だけでなく、「旅行人」特別号も販促してもらえることになり、偶然が偶然を呼び、人と人が絡み合う、仕事の楽しさを味わっている。
人生、こんなこともあるのだ。
そして作家岡崎大五の生みの親である蔵前さんと旅行人に、少しだけでもこうしたかたちで、恩返しができるのが、とてもうれしい。
またフェアでは、本書のイラストを描いてくださった講談社さしえ賞画家の伊野孝行さんのカラー原画が、10枚以上も展示される豪華ぶりである。
伊野さんは現在NHKのEテレビで、アニメ「おとなの一休さん」を放映中です。
こちらもぜひ、ご覧ください。

| | コメント (0)

2017年10月 2日 (月)

『腹ペコ騒動記~世界満腹食べ歩き』(講談社)発刊記念トークショー第2弾in吉祥寺10月21日(土)19:30より

 来週10月11日に、いよいよ待望の『腹ペコ騒動記~世界満腹食べ歩き』が出版されます。

ついては、10月20日(金)に続いて、21日(土)にもトークショーが行われます。
みなさん、ふるって、おいでください!

岡崎大五 × 前原利行 トークイベントたびカフェKICHIJOJI Vol.9
「僕は世界でこんなものを食べてきた。みなさんは、どんなものを食べてきましたか?」

『腹ペコ騒動記~世界満腹食べ歩き』(講談社)岡崎大五著出版記念!

 吉祥寺の井の頭公園近くという場所で、その道の達人による海外を歩いた生の情報やエピソードが聞けるトークイベント「たびカフェ」。ご近所にお茶を飲みに来る感覚で来ていただき、気軽なトークに加わっていただければ幸いです。

 第9回目は「僕は世界でこんなものを食べてきた。みなさんは、どんなものを食べてきましたか?」。

今回は、20代のほとんどを海外で暮らし、その後人気添乗員として世界を飛び回り、ベストセラー『添乗員騒動記』で作家となった岡崎大五さんをお呼びします。今回の著作は、ファン待望の騒動記第2弾! 講談社さしえ賞伊野孝行氏の50ページに及ぶイラストも必見です。読めば空腹、世界25カ国以上の地元メシと面白い人々が登場する旅グルメエッセーです。世界がいかに「うまい」に溢れているか。ラジオなどでも爆発的な笑いを誘った岡崎大五ならではの、グルメにまつわるアホトークがさく裂します! ホント、この人、世界で(実は日本でも)騒動まみれなのですね、しかも30年以上も。トークショーの後半では、お集まりいただいたみなさんからも、あんなこんなの旅グルメ自慢や失敗談をお聞きしながら、この吉祥寺で、世界のグルメ旅をしてみませんか?

前原利行(旅行ライター)

旅行会社勤務後、旅行ライターに転身。現在は「地球の歩き方」シリーズなどのガイドブックや、紀行文などのライティングや編集に関わっている。

日時:1021日(土)19:3021:00(開場19:00

参加費:チャージ1000円+ドリンク代(600円)

会場:クワランカ・カフェ(吉祥寺)

申込:着席定員は20名です。定員になり次第締め切らせていただきます。
お席を確保いたしますので、事前の予約をおすすめします(多数の場合は先着順になります)。e-mailまたはFBなどのメッセージでお申し込みください。その際、参加人数と連絡先を明記ください。

 申込先 前原利行 mahaera@hotmail.com まで

問合せ先:クワランカ・カフェ(月、木曜定休)
 TEL 080-5658-3476  http://qwalunca.com
      東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目8-11 弥生ビル3F 
主催:クワランカ・カフェ/前原利行

| | コメント (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »