« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年6月13日 (月)

防潮堤計画の流れを変える下田市長選

昨日、下田市長選が行われ、新人の福井さんが当選した。

http://izu-np.co.jp/news/20160610izo000000000000c.html
福井さんとは、今年の1月から、何度も防潮堤問題について、話し合ってきた。といっても、おもに僕が現状を報告していた。下田市、静岡県がどのような考えで、どのように物事を進めようとしているのか。そして市民の意見より、自らの利益を優先する勢力の思惑について。
まず防潮堤ありきの防災計画ではなく、市民あっての防災計画でなければならない。その基本は、命を守ることだ。となれば当然、避難路の確立が急がれるのだが、下田市はこの4年間、あまり進んできていなかった。
ところが下田市は静岡県に対して、避難路は確立していると報告、そこで県は、防潮堤建設から話合いを始めたのである。これに便乗しているのが、業界団体の勢力だ。
下田市庁舎建設問題でも、この業界団体が自らの利益のために、建設費が高くなるような方向で、市行政をミスリードしてきた。それに市民が猛反発、福井さんを新市長に擁立することになったのだ。
業界団体は、数年前の下田メディカルセンター建設で苦汁を飲まされている。田舎ではいまや少なくなった公共工事で、当時の石井市長が財政難から新工法による建設費の圧縮を提案、これを受注したのがゼネコンの長谷工だ。つまり現地の建設会社は受注競争で、価格競争に敗れ、下請けの下請けという利益の少ない立場に置かれてしまった。
だから新市庁舎建設は、ぜがひでも獲りたかったのだ。その額は30億円。伊豆縦貫道建設も進み、これに防潮堤建設が進めば、向こう10年業界は安泰である。
今回の市長選は、いつしか市民対業者の構造になっていたのだ。選挙後半では「猛烈な追い上げ」と報道されていた。
当 8327 福井祐輔(68)無新
  4638 楠山俊介(62)無現

ほぼダブルスコアのこの結果をみて、猛追とはなんのことだったのか、頭を捻る。
下田には市民がいた。
それが僕の感想だ。
そして防潮堤建設問題も、大いに流れが変わる。
最近外国人の友人からこんな申し出があった。
「ダイゴ、俺はガイジンだから選挙権はないけど、膨張堤建設には絶対反対だ。でも金はある。金が要るなら言ってくれ。もちろんほかのガイジンからも金を集めてやるからさ」
彼は億万長者で、友人たちも似たような人たちだ。
もしこのまま防潮堤建設が進むようなら、最終的には「行政訴訟」だ。つまり行政が決定したことを、裁判に訴え、異を唱えることである。その時には金が要る。
「ありがとう。でも、いまんところ金は要らないからさ。今回の選挙結果次第だけどね」
これまで何度もお会いし、その度にこの問題について話し合ってきた福井さんなら、正しい行政運営をしてくれると確信している。
選挙戦最終日にも、僕が激しく訴えた、前回の公聴会の様子を地元ケーブルテレビでみたよとおっしゃっていた。情報収集力、分析力、判断力、組織の運営力、人望……。
福井さんは、現役時代に日本の国防の中枢におられた方である。
まずもって、人間力がすばらしい。
今後も協力しながら、下田市の防災力がアップしつつ、防潮堤を作らずに、自然を残し、多くの人が自然とともに暮らし、遊ぶ(サーフィンする)幸せを享受できるような、これを本当の町づくりというのではないか━━を推進したいと思っています。
外は雨、しかし清々しい雨……。

| | コメント (7)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »