« 静岡県はエライ!(防潮堤建設問題で県の責任者がご返答をくださいました) | トップページ | 伊豆半島防潮堤計画イメージ図 »

2016年3月16日 (水)

芹澤郁雄下田土木事務所長への返事

 芹澤郁雄下田土木事務所所長からメールをいただき、僕も返信することにした。

 意見が異なり、立場が違っても、話し合いを深化させることができれば、より良い結論に近づいていくはずだ。
 行政と住民が対立するのは簡単だし、互いに信頼関係を構築できないのも、いつものことかもしれません。
 本来なら政治が間に入って、両者の間を取り持つべきなのですが、残念ながら今のところそんな動きはありません。
 某記者によれば、下田市の当事者意識のなさはいったいなんだと怒っていました。
 先日も某市議と話してガックリ(期待していただけに)。
「防潮堤なんてできるわけないから」
「なんでそんなことが言えるの?」
「だって伊豆の九割方は反対だろ。県だって住民無視でごり押ししないよ」
(調査でもしたのだろうか?)
「賛成のところもあるよ」
「…エッ? そうなの。俺よくその計画を知らないから」
 お話にならないのであった。
 防潮堤と防災、自然保全の問題は、伊豆の大きな問題で、しかも場合によっては、観光地としての存続も危ぶまれ、市民の生活権に関わる。
 にもかかわらず、問題が大きく、難しいせいか、市行政も議員も知らんぷりを決め込む。3月議会でも、議題に出ないほどである。
 だから市民の間にも情報が流れず、いまだこういった問題を抱えていると知らない人がほとんどだ。
 大きな問題が出ると口をつぐむのは、いつも通りだが、実はこうした行政と政治の在り方が、地方を疲弊させているもっとも大きな問題ではないのかとさえ思えるのであった。
Img_2350_480x640
 静岡県総合庁舎内の津波イメージ図。
 賀茂危機管理局の垣内前局長時代に作った。ここの職員は、東日本大震災でも第一陣として、震災一週間後に岩手県遠野町に入り、凍える浄水場で寝袋で寝泊まりし、乾パンを食べながら、復旧に尽力した。
 すみません。
 僕の所長への返事は下記の通りです。
 近く、土木事務所から伊豆西南部地域の防潮堤イメージ資料が届きますので、随時公表していきます。
芹澤下田土木事務所様
 
お忙しい中、わざわざご返答いただき、ありがとうございました。
1月9日拙ブログ「岡崎大五の作家生活」で防潮堤問題を書いたところ、7000人ものかたがアクセスしてくれました。
この問題に、興味のある方は、地元だけでなく、伊豆にお越しなっている伊豆ファンも相当にいるのだなあと感じた次第です。
『サーフィンライフ』紙上でも、近く記事が出るようです。
僕は世界83カ国を見て回っています。その上で、移住先に選んだのが吉佐美でした。
この地域の持つ海を中心としたポテンシャルの高さは、世界水準です。
世界中で開発と汚染が進む中、伊豆半島がどのようなかたちで防災と自然保全を両立するのか。
これは世界的な事業だとも考えている訳です。
 
従来の「自然を破壊し、敵である津波から命と財産を守る防潮堤」という哲学は、伊豆には適さない。
いかに「自然と調和し、津波と共存するという日本人が養ってきた自然観を防災対策に投影する」か。
 
そのことが問われていると思っています。
結果、それができれば世界から賞賛をあびることにもなり、伊豆のポテンシャルの高さをアピールすることにつながっていく。
そんな事業を期待しています。
 
「静岡モデル」の定義が「その土地に合った防潮堤を整備する」となっていることが、まず大きな問題だと考えています。
「その土地に合った防災対策を講ずる」のなら、わかるのですが。
芹澤所長のご返事では、防災対策となっているのですが、そのあたりはどうもはっきりしませんね。
 
所長から頂戴したご返事ならびに、この返答も拙ブログで公開します。
周知するための一助とご理解いただければ幸いです。
さっそくフェイスブックには、伊豆を愛する東京の友人からコメントが入りました。
 
岡崎拝
 
 

|

« 静岡県はエライ!(防潮堤建設問題で県の責任者がご返答をくださいました) | トップページ | 伊豆半島防潮堤計画イメージ図 »

コメント

初めまして。突然ですがコメントをさせて頂きます。吉佐美大浜とは10年以上の付き合いがありますが、離れていた為この問題を知りませんでした。今日大浜に久しぶりに出向いた際に変わり果てた駐車場と見慣れぬ重機に驚いた次第です。何も出来ないのですが応援しています。どうか、どうか頑張って下さい!!

投稿: snow | 2016年3月20日 (日) 22時37分

今の重機は地盤強化工事で、防潮堤増強とは直接関係ありませんので、ご安心ください。今後ともご支援お願いします。動きがあれば、このブログで随時発信していきます。

投稿: | 2016年3月21日 (月) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 静岡県はエライ!(防潮堤建設問題で県の責任者がご返答をくださいました) | トップページ | 伊豆半島防潮堤計画イメージ図 »