« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月 9日 (金)

ブラジル人は記憶を持たない

 毎週土曜日の午前中は、7:20~9:00までピーター・バラカンの「ウィークエンド・サンシャイン」を聴き、9:00~11:00までゴンチチの「世界の音楽セレクション」を聴いている。

 普段を目を使いすぎなので、土曜日の午前中くらいは目を閉じて、じっくりと音楽に浸るのだ。

 これがすこぶる気持ちいい。

 数週間前、「世界の音楽セレクション」で、音楽評論家の渡辺亨さんが、こんなことを言っていた。

「ブラジル人は記憶を持たない。だから忘れ去られてしまった人が多い」

 しかしこの言葉、渡辺さんがブラジル人の歌手マリーザ・モンチから直接聞いたことだった。

 ブラジルは奴隷と開墾の苦難の歴史が続き、その後独裁政権が起こったことで、過去を賛美することに、徹底的な弾圧が行われてしまったことに由来するのではないかと、彼女は論じていたそうだ。

 すごい歌手がいるもんだな。

 僕の素直な感想である。ラテン気質の本質は、きっとこういうことなのだった。しかも女性シンガーが述べる。人間的魅力というか、レベルの高さを感じだ。

 さっそく彼女の代表的なアルバムを注文した。

 ボサノバ風の楽曲でとてもいい。

http://www.amazon.co.jp/Rose-Charcoal-Marisa-Monte/dp/B000005GYB/ref=sr_1_2/376-7835297-4480762?s=music&ie=UTF8&qid=1444354633&sr=1-2&keywords=%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B6+%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%81

 そんな彼女が発掘し、今年CDで復刻されたのがTUCAだ。

http://www.amazon.co.jp/69/dp/B00JQK7LIY

 アマゾンでも現在在庫がない。

 記憶を持たないブラジル人に対して日本人はどうだろう?

 ぼくは「都合の悪いことはなかったことにする」のが日本人だと思う。

 それは大日本帝国や、太平洋戦争などの戦争、東日本大震災や原発事故のことを考えればよくわかる。

 

 

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »